TAKIKAWA Group

代表挨拶・経営理念・経営方針

代表挨拶

「よりよいカーライフをご提案する企業をめざして」

「サービスとはユーザーに満足をお売りすることである」
私たちは創業以来、現在まで一貫して、このスローガンを掲げ、努力を重ね実績をつんできました。
車社会の変化に対応するため、乗用部門、小型・大型貨物部門、特殊車両部門などの企業体制を確立し
さらに、各種建機販売部門の系列会社も設立いたしました。
これからも私たちは、点検・整備を通じて、北海道の暮らしと産業を支えるとともに
安全で公害のない社会づくりに貢献し、より身近で便利に、そして常によりよいサービスの提供を心がけてまいります。

代表取締役会長 滝川雅司

代表取締役社長 滝川琢朗

経営理念

仕事を通じて社会貢献と自己実現を果たす

確かな品質と環境への配慮で信頼される企業を目指します。

滝川グループは万全な整備・点検を通じて、公害・事故の無い社会づくりに貢献するとともに、人に、まちに、自然に優しい車社会を創造・提案する企業としての自覚と責任を持って、環境保全に努めてまいります。
そのために、国際規格の環境マネジメントシステム、車検システムを導入し、第三者機関による公正な審査を受けることにより、客観的にも信頼に足る経営・品質管理を実勢してまいります。

経営方針

当社は、「よいサービス(商品)を安く、便利に、買いやすい方法で」お客様に「安心、安全」をご提供していきます。 「お客様第一主義」をモットーに、お客様のカーライフにより深く、より親しくかかわりを持つ、「より良いカーライフ提案型起業」として、次の三つを基本方針に掲げ、企業活動を展開していきます。

お客様の声に常に耳を傾け、敏感にすばやく反応すること。 お客様、お取引先の皆様、従業員、そしてその家族と共に成長・発展することを 念頭に置き、相互信頼を基盤とした良好な関係を築くこと。 夢と若さにあふれる明るく自由闊達な企業風土を醸成すること。

スマートフォンサイトへ